死ぬときに後悔すること25

「死ぬときに後悔すること25」の著者で緩和医療の大津秀一が、11月15日放送の「エチカの鏡」に登場しました。
「死ぬときに後悔すること25」は、1000人の死を見届けた終末期医療の専門医・大津秀一が、死にゆく患者たちの後悔の念を25に集約したものです。
■真っ先に後悔すること。
1・健康を大切にしなかったこと。
2・遺産をどうするか決めなかったこと。
3・夢を叶えられなかったこと。
4・故郷へ帰らなかったこと。
■しておけば良かったと後悔すること。
5・行きたい場所に旅行しなかったこと。
6・美味しい物を食べなかったこと。
7・趣味に時間を割かなかったこと。
8・会いたい人に会わなかったこと。
9・自分の葬儀を考えなかったこと。
10・やりたいことをやらなかったこと。
11・人に優しくしなかったこと。
12・心に残る恋愛をしなかったこと。
13・結婚をしなかったこと。
14・子供を産み育てなかったこと。
15・子供を結婚させなかったこと。
■してしまって後悔したこと。
16・悪事に手を染めてしまったこと。
17・タバコをやめなかったこと。
18・感情に振り回された一生を過ごしてしまったこと。
19・自分が1番だと信じて疑わずに生きてしまったこと。
■死と向き合ったからこそ後悔すること。
20・死を不幸だと思ってしまったこと。
21・神仏の教えを知らなかったこと。
22・生前の意思を示さなかったこと。
23・残された時間を大切に過ごさなかったこと。
24・生きた証を残さなかったこと。
25・愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと。
いずれも、若くて健康な時には実感できないけれど、老いて死を意識し初めて、初めて後悔することです。お金持ちでも偉い人でも例外なく死にます。後悔せずに死ぬために、健康なうちに読んでおきたい1冊です。


大津秀一の「死ぬときに後悔すること25」がエチカの鏡に登場しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。