壱岐佳子が死亡

ドラマ化した山崎豊子の小説「不毛地帯」に登場する壱岐佳子(いきよしこ)が、交通事故で死亡しました。
壱岐佳子がタクシーを拾うために、横断歩道を渡って反対車線へ向かいます。
壱岐佳子が横断歩道にさしかかると、夫の壱岐正(いきただし・モデルは瀬島龍三)が「圭子」と呼び止めます。
壱岐佳子が壱岐正に呼び止められて、振り向いたところ、交差点を左折してきたトラック壱岐佳子を跳ねます。
壱岐佳子は病院へ運ばれましたが、まもなく脳内出血により死亡しました。
その後、近畿商事(モデルは近畿商事)の社長・大門一三(だいもんいちぞう)亡き妻の49日も済ませた壱岐正に対して、近畿商事ニューヨーク支社へ赴任を勧めます。
妻を亡くして身軽になった壱岐正は近畿商事ニューヨーク支社へ支社長社長として赴任し、千代田自動車(モデルはいすゞ自動車)とフォーク社の提携に向けて奔走します。
注意:壱岐佳子のモデルとみられる瀬島清子は、交通事故では死亡していません。


壱岐正の妻・壱岐佳子がトラックに跳ねられて死亡しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。