沖縄県のAランチの由来

2011年4月28日放送の「秘密の県民ショー」が、沖縄県民はディナータイムにランチを食べる」と紹介しました。沖縄県の食文化しりーずです。

ランチは昼食のことで、一般的には11時から15時までしか注文できない。しかし、沖縄県の食堂では夜でもランチを注文でき、深夜でもでもランチを注文でき食堂もある。

Aランチは沖縄共通のメニュー名で、Aランチの他にも、BランチやCランチがある。Aランチが一番ボリュームがあり、Bランチ、Cランチとなるにつれ、値段が安くなり、ボリュームも減る。

沖縄県民は夕食時にランチを食べ、お酒を飲んだ後に、高カロリーなランチを食べる。食べ残したランチは持ち帰ることができる。

沖縄ランチの由来…地元タウン誌のライターによると、元々は基地の中でワンプレートに盛られたランチが出ていた。その後、基地の中で働いていたコックが独立し、ワンプレーとに盛られたおかずを「ランチ」として出した可能性が高いとのことです。

沖縄県では、全国的な「Aセット」「Bセット」という「セット」の意味で、ランチを使っているようです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。