田淵幹事長のモデル

ドラマ化された山崎豊子の小説「不毛地帯」に登場する田淵幹事長のモデルについて。田淵幹事長のモデルは、田名角栄です。


田淵幹事長はどん欲に利権に食い込む「だみ声」の政治家で、「今様太閤(いまようたいこう)」と呼ばれています。

田淵幹事長は芝白金にある自宅に住んでいます。自宅では孔雀を飼っており、芝白金にある自宅は孔雀御殿と呼ばれています。

田淵幹事長は糖尿病のため、ペットボトルのミネラルウォーターを頻繁に飲みます。

田中角栄はだみ声の政治家で、「今太閤」と呼ばれていました。田中角栄は1965年6月から1966年12月までの間、1968年11月から1971年6月までの間、自由民主党の幹事長を務めていました。

その他のモデルについては、「不毛地帯のモデル一覧」をご覧下さい。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。