高鍋信用金庫の129万円の横領事件

宮崎県高鍋町にある高鍋信用金庫は12月1日、女性職員(25歳)が129万円を横領したとことを発表しました。
高鍋信用金庫によると、女性職員は日知屋支店の窓口担当していた7月から10月の間、顧客の定期預金を勝手に解約したり、窓口で顧客から受け取った税金を入金しないなどの手口で、顧客31人から総額129万円を着服したとのことです。
女性職員には家族が6人おり、横領したお金を生活費に充てていたとのことです。


高鍋信用金庫の不祥事です。女性職員が129万円を着服しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。