MITI(ミティ)

山崎豊子の小説「不毛地帯」に登場する「MITI(ミティ)」は通産省(通商産業省)のことです。
通産省は英語表記だと「The Ministry of International Trade and Industry」となります。その頭文字を取り、「MITI(ミティ)」と呼びます。
通産省は国内産業を保護する政策をしいていたので、諸外国からは「ノトーリアス・ミティ(悪名高き通産省)」と呼ばれていました。
通産省は現在、経済産業省になっています。経済産業省の英語表記は「Ministry of Economy, Trade and Industry」で、その頭文字を取って、「METI(メティ)」と呼ばれています。


不毛地帯の登場するMITI(ミティ)は通産省のことです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。