富国自動車のモデル

ドラマ化された山崎豊子の小説「不毛地帯」に登場する富国自動車のモデルについて。富国自動車のモデルは、富士重工業です。


近畿商事(モデルは伊藤忠商事)の里井副社長が、富国自動車と千代田自動車(モデルはいすゞ自動車)の2社を合併させるために働きかけます。

しかし、近畿商事の壹岐正(モデルは瀬島龍三)は、富国自動車と千代田自動車が合併してもお互いの弱点を補強しないため、合併のメリットはないと主張して、千代田自動車とフォーク社(モデルはフォード)との合併を画策します。

その他のモデルについては、「不毛地帯のモデル一覧」をご覧下さい。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。