ベッカムの祖父ジョセフ・ウェストが死去

サッカーのイングランド代表のMFデビッド・ベッカム(34歳)の祖父ジョセフ・ウェスト(83歳)が死去しました。
ジョセフ・ウェストは12月2日夜(現地時間)、入院先の病院で死亡が確認されました。ジョセフ・ウェストは肺がんにより闘病していました。
ジョセフ・ウェストは、デビッド・ベッカムの母方の祖父で、幼少期のデビッド・ベッカムをフットボールクラブに通わせるなどして、デビッド・ベッカムに大きな影響を与えました。
デビッド・ベッカムは現在、12月4日に行われるサッカーワールドカップ(W杯)1次リーグの組み合わせ抽選会に出席するため、南アフリカを訪れています。
デビッド・ベッカムは、抽選会を欠席して、祖父ジョセフ・ウェストの葬儀のために、帰国する可能性があるとのことです。


デビッド・ベッカムの祖父ジョセフ・ウェストが死亡しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。