ハシーシュ

ハシーシュとは、インド大麻の若芽を乾燥させた大麻のことです。インドやイランやエジプトなどで愛用されていましたが、現在は法律で禁止されています。
暗殺者「アサシン」の語源は、ハシーシュです。
山崎豊子の小説「不毛地帯」で、イラン国王の侍医ドクター・フォルジがハシーシュを吸引するシーンが登場します。


ハシーシュとは、インドやイランやエジプトなどで愛用されている大麻のことです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。