JAかみましきの1900万円横領事件

熊本県甲佐町にあるJAかみましき(上益城農協)は12月17日、女性職員(37歳)が1900万円を横領していたことを発表しました。
JAかみましきなどによると、女性職員は預金業務を担当していた2003年9月から2005年6月の間、顧客の定期預金を勝手に解約するなどの手口で、顧客15人から総額1900万円を着服していました。
2009年10月に顧客が定期預金を解約を申請した時に女性職員の不祥事が発覚。JAかみましきは女性職員を懲戒解雇処分としましたが、全額を弁済したため、刑事告訴は見送りました。


JAかみましきの不祥事です。女性職員が1900万円を着服しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。