ガン探知犬マリーン

ガン探知犬マリーンとは、人間の吐く息の臭いを嗅ぎ、癌を発見する犬です。
HPなどによると、佐藤悠ニの研究により、犬の嗅覚を利用して、99%の確立で胃・肺・膵臓など13種類の癌を識別できるようになったとのことです。
ソウル大学の専門家が、ガン探知犬マリーンの皮膚細胞を持ち帰り、マリーンのクローン犬を製造しているとのことです。
また、調香師の泉匡亮(いずみきょうすけ)も癌の臭いを嗅ぎ分けられるそうです。
調べてみましたが、がん細胞そのものに臭いがあるのかは分かりませんでした。
ただ、癌患者の吐く息には、揮発性有機化合物が含まれているとみられており、呼気を分析することで癌の判断ができるようです。
海外でもガン探知犬の育成が進められており、癌を臭いで識別する機械の研究も進んでいるとのことです。


癌を臭いで判別する天才ガン探知犬マリーン

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。