恋のから騒ぎメンバー池田美穂がミス日本で落選

明石家さんまが司会を務める日本テレビ系番組「恋のから騒ぎ」に出演している恋のから騒ぎメンバー16期生で立教大学の池田美穂(いけだみほ=22歳)は、ミス日本コンテストの決勝戦で落選しました。

池田美穂は1月25日午前に東京都新宿区にある京王プラザホテルで開催された「2010年度ミス日本グランプリ決定コンテスト」に出場して、決勝戦へ進むファイナリスト12人に選ばれました。

ファイナリストは、池田美穂(22歳)・石井美貴(22歳)・肥田真衣(21歳)・小嶋紗代(15歳)・菊野理沙(21歳)・鈴木華子(18歳)・鈴木亜美(21歳)・林愛(22歳)・林史乃(23歳)・東愛美(23歳)・本田恭子(21歳)・山岡水華(21歳)の12人です。

池田美穂は1月25日午後に行われたミス日本グランプリ決定コンテストの決勝戦に出場しましたが、ミス日本グランプリには上智大学の林史乃(はやしみな=23歳)が選ばれ、準ミス日本には本田恭子(専門学校・21歳)と小嶋紗代(中学生・15歳)の2人が選ばれました。

また、ミス日本ミス着物には東愛美(会社員・23歳)が、ミス日本「海の日」には鈴木亜美(立教大学・21歳)が、ミス日本「空の日」には林愛(イラストレーター・22歳)が、ミス日本ネイチャーには鈴木華子(椙山女学園大学・21歳)がそれぞれ選ばれ、池田美穂は何も選ばれませんでした。

池田美穂は、2009年8月25日に開催された「2010年度ミス日本コンテスト・関東地区大会」にエントリーして関東代表に選ばれて、出演中のテレビ番組「恋のから騒ぎ」でもミス日本にエントリーしていることが、度々話題になっていました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。