相川七瀬がパワースポット「セドナ」を語る

歌手の相川七瀬(あいかわななせ=34歳)が、2月9日放送の「ライオンのごきげんよう」に出演して、アメリカ・アリゾナにあるパワースポット「セドナ」の魅力を3つ紹介しました。
セドナとは、アメリカ・アリゾナ州にある街で、ネイティブ・アメリカンの聖地とされ、パワースポットとして有名な街です。2000年ころからセドナに通い、ガイド本を出版するほどセドナに精通しているという相川七瀬が、セドナの魅力を語りました。
相川七瀬のセドナの魅力3
1・サイキッカーが居る。
2・ヴォルテックスという山。
3・オーガニックフード。
相川七瀬によると、セドナにはサイキッカー(超能力者)がたくさん居て、会う人会う人みんながサイキッカーだそうです。相川七瀬はそういう勉強をしているので、相川七瀬にはサイキッカーだと分かるそうです。
サイキッカーの中でもワンダさんの透視は凄く、相川七瀬も透視してもらったそうです。ワンダさんは相川七瀬の過去を言い当てたほか、未来の出来事(おばあちゃんが死去する時期)まで言い当てたそうです。
そして、相川七瀬が40歳を迎える頃に、お父さんが転機を迎えるので、お父さんと仲良くしておくようにとアドバイスされたほか、相川七瀬は宇宙人と言われたそうです。
また、セドナにはヴォルテックスという山脈があるそうです。ヴォルテックスは1つ1つの山にそれぞれ違ったエネルギーが宿っているそうです。
3つ目のオーガニックフードは時間の関係で紹介されませんでした。


宇宙人の相川七瀬が、アリゾナのパワースポット「セドナ」を語る。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。