ユージはマザコンだった

ゲイを告白したタレントのユージが、2月12日放送の上沼恵美子の「快傑えみちゃんねる」に出演して、マザコンであることを告白しました。

ユージは「快傑えみちゃんねる」で、「NGな彼女の3大条件」を発表しました。ユージの「NGな彼女の3大条件」は次の3つです。

1・顔が濃い。
2・背が高い。
3・二の腕をプニプニさせてくれない。

ユージは、自分の顔が濃くて背が高いので、自分とは似ていない人を彼女にしたいそうです。

また、ユージは二の腕が命なので、二の腕をプニプニさせてくれる人が好きだそうです。

ユージは、お母さんの二の腕が大好きで、いつもお母さんの二の腕を掴んでいたそうです。

ユージはとにかくお母さんのことが好きで、今でもお母さんと一緒に美容室へ行き、お母さんに髪型をチェックしてもらうそうです。

また、ユージとお母さんとが外食をしたとき、お母さんはパスタを頼みました。お母さんがパスタに入っていたナスを取り除いて食べているのを見たユージは、翌日から大好きだったナスを大嫌いになったそうです。

また、ユージは一人暮らしをしているので寂しくなると、ボイスレコーダーに録音しているお母さんの子守歌を聴くそうです。眠れないときは、ボイスレコーダーを再生して、お母さんの子守歌を聴くと直ぐに眠れるそうです。

周りの人間にはマザコンと言われるのですが、ユージ自身はマザコンとは思っていないそうです。

ユージのマザコンの話を聞いて、隣に座っていた同じ事務所のマリエは、もの凄い形相でユージを見て「気持ち悪い」と叫びました。

ちなみに、ユージのおじいちゃんはアントニオ・グスマンで、父親は俳優マイケル・ゴートンです。母親はモデルのNORIKOです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。