中川あゆみのWikipedia

シンガーソングライター中川あゆみ(なかがわあゆみ)の勝手にWikipedia(ウィキペディア)です。

中川あゆみは、神奈川県横須賀市に住むシンガーソングライターです。旧姓は「三原あゆみ」です。生年月日は1996年5月4日。身長・体重・フリーサイズは不明。武山小学校を経て武山中学校に進学。横須賀駅から徒歩30分の所にある自宅で、祖父母と3人暮らしをしています。

中川あゆみは5歳の時に実の両親が離婚。両親が親権を放棄したため、母方の祖父・中川信次と祖母・中川登志子(なかがわ・としこ)とに引き取られます。祖父母の養女となった三原あゆみは、三原あゆみから中川あゆみへと改名します。

養女となった中川あゆみは5歳のとき、長渕剛の大ファンである祖母・中川登志子からギターをプレゼントされたことをきっかけに、ギターの練習を開始。12歳当時で、長渕剛の曲を中心に90曲以上のレパートリーを持つようになります。

祖父・中川信次は自宅の屋根裏部屋を日曜大工でギターの練習部屋へと改装して、中川あゆみに与えています。中川登志子はギターを7本以上買い与えてるほか、中川あゆみが行うライブ時の衣装を全て手作りしています。このことから、中川あゆみは祖父母に寵愛されて育たものとみられています。

中川あゆみは小学校5年生になるとストリートライブを開始。週末になると横須賀駅や代々木駅でライブを行うようになります。ライブ時の衣装は全て中川登志子の手作りで、中川登志子はライブで演奏する曲に併せて衣装を製作しています。

中川登志子はスナックを営んでおり、中川あゆみは中川登志子の営むスナックで演奏することがあります。スナックで歌うと「いちごポッキー」が貰えたため、中川あゆみはスナックで歌うようになりました。

2006年から「キラットエンタメチャレンジ・avex・キッズコンテスト」に出場して、3年連続で決勝大会へ進出。受賞には至らなかったものの、実力が評価され、後のデビューに至る。

中川あゆみは2008年放送の日本テレビ系番組「全力!Tunes」(司会はオリエンタルラジオ)で、全力キッズNO.18「横須賀の長渕少女」としてテレビデビュー。「全力!Tunes」で、長渕剛の順恋歌を初めとする長渕剛メドレーと久保田早紀の「異邦人」とを披露しました。

当時の衣装は茶髪にバンダナ、ジーンズにキャミソールで、後にメジャーデビューする時のように不幸を臭わせる要素は無く、非常に活発な印象でした。

中川あゆみはギターを縦にして弾く「長渕弾き」が得意と発言しています。ブルースハープ(ハーモニカ)も演奏しますが、ブルースハープは下手です。なお、ブルースハープは独学だとのことです。

中川あゆみは、2010年5月5日にシングル「事実~12歳で私が決めたコト~」を発売してメジャーデビューしました。中川あゆみは5月5日にラゾーナ川崎でデビューイベントを行いました。ライブには500人のファンが詰めかけた。この日が通算100回目のライブだったとのこと。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。