高島彩と北川悠仁とかむながらのみちのWiki

フジテレビの女子アナ高島彩と音楽ユニット「ゆず」の北川悠仁の結婚についてまとめたWikiです。

2008年3月、一部報道が、高島彩(当時29歳)と北川悠仁(当時31歳)の2人は、ゆずのツアー「ゆず体育館ツアー2008」が終わり次第、結婚の準備に入ると報じました。

当時、高島彩は29歳でした。「30歳までには結婚したい」という女性の心理もあり、当然2人は結婚するものだと思われていましたが、未だに結婚していません。

高島彩が結婚できないのはなぜでしょうか?その理由は、宗教法人「かむながらのみち」にあると噂されています。

ゆず北川悠仁の母親は宗教法人「かむながらのみち」の教組を務めており、その母親・北川慈敬は「妻は子供を儲け、専業主婦として家を守ること」と説いています。

母親・北川慈敬の教えは宗教法人「かむながらのみち」の教えになるため、北川悠仁と結婚する場合は絶対に守らなければなりません。

また、母親・北川慈敬は、「北川悠仁は35歳まで結婚できない星回りだ」と占っており、北川悠仁は35歳の誕生日となる2012年1月14日以降でなければ結婚できません。

つまり、高島彩は仕事を辞めなければ北川悠仁と結婚できないし、2012年1月14日以降でなければ結婚できないということです。

このようななか、2008年6月10日に、ゆず北川悠仁の父で北川精密工業の代表を務めていた北川和男(没76歳)が死去しました。

北川和男の葬儀は「かむながらのみち」の教壇葬として営まれたのですが、高島彩は通夜・告別式ともに現れなかったため、2人は破局したのではないかという噂が流れました。

しかし、その後の報道により、2人は交際を続けていることが明かとなりました。また、2009年2月には、高島彩と母親の2人は宗教団体「かむながらのみち」が所有する神社「身曾岐神社(みそぎじんじゃ)」で、十種神宝御法(とくさかんだからのごほう)の修行を行い、八種(八握剣)という位を受けたことが明らかになりました。

ちなみに、宗教法人「かむながらのみち」の教祖・北川慈敬は三種(蛇比礼)を取得しており、北川悠仁は五種(足玉)を取得しています(2009年2月時点)。

注釈1:身曾岐神社(みそぎじんじゃ)の住所は山梨県北杜市小淵沢町高天原で、「ゆず神社」とも呼ばれています。

注釈2:十種神宝御法には10段階の位があり、一種と二種は皇族しか取れないので、一般人が取得できる最高位は三種となります。

高島彩が結婚するという噂は色々と流れているのですが、北川悠仁は2012年1月14日まで結婚できないので、高島彩はしばらく結婚できないでしょう。

2011年10月20日に高島彩と北川悠仁の2人が結婚した。一部報道によると、北川慈敬が算命学で占ったところ、「35」と出たため北川悠仁らの結婚は35歳まで待つことになっていたが、2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震の影響で地軸がずれたため、北川慈敬が改めて占ったところ、「33」「34」と出たため、北川悠仁が34歳のうちに結婚しなければならなくなったとのことです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。