蔵王アストリアホテルで食中毒が発生

山形県は3月7日、ノロウイルスによる集団食中毒を起こしたとして、山形県山形市蔵王温泉にある蔵王アストリアホテルの厨房を、食品衛生法に基づき3月7日から4日間の営業停止処分としました。
山形県などによると、3月3日から6日の間に蔵王アストリアホテルで宿泊した客29人のうち3人が吐き気や発熱などの食中毒症状を訴えて事件が発覚。このほかにも、宿泊客数十人が食中毒症状を訴えているとのことです。
山形県は、患者からノロウイルスを検出したことため、食中毒と断定して、蔵王アストリアホテルの厨房を、4日間の営業停止処分としました。
いずれの客も回復に向かっており、入院はしていないとのことです。


山形県山形市蔵王温泉にある蔵王アストリアホテルは食中毒で営業停止になりました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。