加護亜依が瀧本美織に敗北

元モーニング娘の加護亜依が、NHK連続テレビ小説「てっぱん」のオーディションを受けて落選し、新人女優・瀧本美織(18歳)に敗北しました。
オーディションは経験者組と未経験者組など数組に別けて行われ、加護亜依は経験者組でNHK連続テレビ小説「てっぱん」のヒロインオーディションを受けたが、あえなく落選したとのことです。
NHK連続テレビ小説「てっぱん」のヒロイン・村上あかりには、瀧本美織が選ばれました。
瀧本美織は鳥取県鳥取市出身の元歌手で、2003年にユニット「SweetS」のメンバーとしてデビュー。2006年にグループが解散した後は、タレント活動などを行い、2010年の映画「彼岸島」で女優デビューを果たしていました。


加護亜依がNHK連続テレビ小説「てっぱん」のオーディションに落選して、瀧本美織に敗北しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。