綾戸智恵が自殺?精神安定剤を服用して入院

JAZZシンガーの綾戸智恵(あやどちえ=52歳)が、精神安定剤を服用して入院していることが分かりました。
3月19日、東京都品川区にある自宅マンションで意識を失っている綾戸智恵を、マネージャーが発見しました。
綾戸智恵は2004年ごろから母親の介護を続けており、介護疲れから精神安定剤を多めに服用したため、意識をうしなっていたとのことです。
綾戸智恵は病院へ運ばれ、現在も入院していますが、体調は回復。3月19日と3月20日とに予定していた公演は中止されており、綾戸智恵は3月27日に開く公演で復帰する予定とのことです。
2008年には、俳優の柳楽優弥が精神安定剤を多量に服用して、自殺未遂騒動を起こしていました。


JAZZシンガーの綾戸智恵(あやどちえ)が、精神安定剤を服用して、入院しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。