アンタッチャブル柴田が休業する理由は女性問題

お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣(しばた・ひでつ=34歳)が芸能活動を無期限休業に入った理由は、病気ではなく、女性問題だったことが分かりました。
リアルスポーツによると、柴田英嗣は2004年に女性(現在の妻)を妊娠させたが、柴田英嗣の頼みにより女性は中絶。女性は2005年に再び妊娠。柴田英嗣は結婚を嫌がったが、女性が「訴える」と迫り、出来ちゃった結婚に至ったそうです。
その後、柴田英嗣が一般人女性と不倫していることが発覚。不倫相手と別れることでトラブルは収まったのだが、実は不倫相手と関係が続いていることが発覚したため、今回の事態に発展したとのことです。
柴田英嗣は2007年冬に急性肝炎で入院。2008年秋にはウイルス性咽頭炎で入院。それぞれ病気を理由に休業していますが、これも本当は病気ではなく、女性問題が原因だったそうです。
また、芸能ブログによると、2月5日放送の関西テレビ系番組「あっぷ&UP」で、芸能リポーターの前田忠明が、柴田英嗣は以前と同じ女性とのトラブルが原因で休業していることを明かしたとのことです。
しかし、女性問題(不倫)でトラブルを起こした芸能人はこれまでにも多くおり、女性問題で芸能活動を休止するのは大げさです。
このため、インターネット掲示板「2ちゃんねる」では、「不倫相手の女性が未成年だったのではないか?」と指摘する意見も挙がっています


アンタッチャブル柴田英嗣が芸能活動を無期限休業!やはり理由は病気ではなく女性問題だった。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。