花巻農協の職員が2000万円を着服

岩手県花巻市の花巻農協(JAいわて花巻)の女性課長補佐(43歳)が、2000万円を着服していたことが分かりました。

花巻農協によると、課長補佐は花巻農協・江釣子支店の共済課に勤務していた2006年12月から2009年3月にかけて、組合員が窓口で支払った共済金の掛け金など入金しない手口で、73回にわたり総額2000万円を着服していたとのことです。

花巻農協では、2009年6月にグリーンセンター東和の男性職員の着服が発覚したことを受け、全支店を調査したところ、不審な伝票を発見して、課長補佐の横領事件が発覚しました。

課長補佐は横領したお金で自宅のローンを返済していたとのことです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。