12人大家族の岸英治の自宅が火事で全焼

熊本県宇土市新町に住む新聞配達員の岸英治(55歳)の自宅が火事で全焼しました。岸英治の一家は、12人の大家族としてテレビなどに出演するほか、エッセーを出版していました。
2月1日午後8時10分、熊本県宇土市新町にある岸英治の自宅から出火しました。火は1時間40分後に消し止められましたが、木造2階建ての自宅を全焼したほか、隣接する住宅の一部を焼きました。
自宅には家族8人が居ましたが、無事に避難してけが人は出ませんでした。台所ではトンカツを揚げており、火を消し忘れたため出火しました。
3女が高校入試を翌日に控えていたため、「入試に勝つ」という意味でトンカツを揚げていたとのことです。
岸英治は、妻・岸信子とその間に生まれた子供10人の計12人暮らしで、大家族としてテレビに出演したり、公演を行ったり、エッセー「男に残念ながら子育てはできません」を出版。妻の岸信子もエッセー「子育てってたのしいよ!」「妊娠百カ月」を出版していました。


12人大家族としてテレビなどに出演して岸英治の自宅が火事で全焼しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。