菅原隆一がJRA競馬学校を卒業

映画「釣りバカ日誌」の鯉太郎などの子役として活躍していた菅原隆一(すがはら・りゅういち=17歳)が、千葉県白井市にあるJRA競馬学校を卒業しました。
2月9日、千葉県白井市にあるJRA競馬学校で騎手課程第26期生の卒業式を行い、騎手課程第26期生の川須栄彦・菅原隆一・高倉稜・西村太一・平野優・水口優也の計6人がJRA競馬学校を卒業しました。
菅原隆一ら6人は、騎手免許試験(2月10日に合格発表)に合格すれば、騎手としてデビューできます。
菅原隆一は元JRA騎手で調教師助手の菅原隆明(50歳)の長男で、小学生時代には、映画「らせん」や「釣りバカ日誌」などに出演し、子役として活躍していました。


映画「釣りバカ日誌」などで子役として活躍していた菅原隆一がJRA競馬学校を卒業しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。