八ケ岳犬の牧場で火事

長野県南牧村海ノ口にあるドックパラダイス「八ケ岳犬の牧場」の住宅兼犬舎で火事があり、ゴールデンレトリバーなどの犬50匹が焼け死にました。
1月28日午後7時30分、ドックパラダイス「八ケ岳犬の牧場」の住宅兼犬舎から出火しました。火は2時間30分後に消し止められましたが、鉄筋平屋建て330平方メートルを全焼しました。
この火事で犬舎で飼っていたラブラドールレトリバーなどの大型犬60匹のうち、約50匹が焼け死に、数匹が逃げ出しました。けが人は出ませんでした。
ドックパラダイス「八ケ岳犬の牧場」は入場者と犬がふれあえる観光施設で、犬を販売するほか、飼い主から犬を預かるなどのサービスも行っていました。
夜間は犬を自宅に併設した犬舎に入れており、犬舎には暖房用の器具があったとのことです。長野県警南佐久署は詳しい出火原因について調べています。


長野県南牧村海ノ口のドックパラダイス「八ケ岳犬の牧場」の住宅兼犬舎が火事で全焼しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。