岐阜商工信用組合の1000万円横領事件

岐阜県岐阜市にある岐阜商工信用組合は1月22日、1000万円を横領したとして、本部業務部に所属していた男性職員(33歳)を1月12日付けで懲戒解雇処分としたとを発表しました。
男性職員は岐阜商工信用組合の本部や支店に勤務していた2006年12月から2009年12月の間、顧客から定期預金として預かった現金を入金しないなどの手口で、高齢者の顧客70人から総額1000万円を着服していました。
男性職員は正規の領収証を発行せず、名刺の裏に金額を書いて顧客に渡すなどして、顧客を信用させていました。
2009年12月に顧客から「領収書を渡さない」とクレームがあり、岐阜商工信用組合が内部調査を行ったところ、男性職員による不祥事が発覚しました。
横領による被害額は男性職員の家族が全額を返済しましたが、岐阜商工信用組合は1月12日付けで男性職員を懲戒解雇処分としました。近く岐阜県警へ刑事告訴するとのことです。


岐阜商工信用組合の不祥事です。岐阜商工信用組合で期預金1000万円を着服する事件がありました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。