松山市高岡町の「日光寿し」で食中毒が発生

松山市保健所は1月23日、ノロウイルスによる集団食中毒が発生したとして、愛媛県松山市高岡町の飲食店「日光寿し」を1月23日から3日間の営業停止処分としました。
松山市保健所などによると、日光寿しが1月17日に作った仕出し弁当を食べた71人のうち18人が、1月18日と1月19日に吐き気や下痢などの食中毒症状を訴えました。
松山市保健所は患者5人と従業員2人の便からノロウイルスを検出したため、食中毒と断定して、日光すしを1月23日から3日間の営業停止処分としました。
食中毒症状を訴えた18人のうち8人が病院で診察を受けましたが、入院者はおらず、ほぼ全員が回復しています。


愛媛県松山市高岡町の飲食店「日光寿し」でノロウイルスによる集団食中毒が発生しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。