宇都宮シルバーホームの虐待事件

栃木県宇都宮市平出町にある介護老人保健施設「宇都宮シルバーホーム」の介護職員5人が、入所者4人に虐待を行っていた不祥事が、4月16日に分かりました。
宇都宮シルバーホームを運営する医療法人北斗会などによると、介護職員は2008年、女性入所者(80代)が上半身裸で四つんばいになっている姿を携帯電話のカメラ機能で撮影して、同僚と「かわいい」などと話し合ったほか、認知症の女性入所者の顔にペンで落書きをして、携帯電話のカメラ機能で撮影していたとのことです。
医療法人北斗会は「精神的な虐待があった」と入所者4人に対する虐待の事実を認めていますが、宇都宮市への報告は行っていませんでした。
求人情報サイトによると、宇都宮シルバーホームの看護師の給与は、月給20万2500円~26万9500円で、賞与年2回、昇給年1回、社会保険完備などです。


宇都宮シルバーホームで職員が女性入所者の裸を撮影する不祥事を起こしました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。