庄司弘市議の倉庫が火事で全焼

福島県喜多方市天満前にある喜多方市議・庄司弘(55歳)の自宅に隣接する倉庫が火事で全焼しました。
1月27日午前10時15分、庄司弘市議の自宅に隣接する倉庫から出火して、鉄骨2階建ての倉庫180平方メートルを全焼したほか、隣接する倉庫など3棟の一部を焼きました。この火事によるけが人はいません。
出火した倉庫に火の気はなく、福島県警喜多方署は不審火とみて出火原因を詳しく調べています。
また、庄司弘市議を巡っては、2008年2月に事務所兼倉庫が全焼、2008年7月には庄司弘市議が経営する「桐の博物館」の倉庫を全焼、2008年7月には庄司弘市議が経営する「喜多方自動車学校」で廃車が全焼、2008年10月には自宅の障子が燃える火事が起こっています。
いずれの火事も不審火によるもので、福島県警喜多方署は今回の火事と過去の火事との関係についても調べを進めています。


喜多方市議・庄司弘(55歳)の自宅に隣接する倉庫が不審火による火事で全焼しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。