クソゲーオブザイヤー2009の大賞が決定

システムソフト・アルファー株式会社が発売したプレイステーション2用ソフト「戦極姫~戦乱に舞う乙女達~」が、2009年に発売されたゲームの中で最も糞ゲームを選ぶ「クソゲーオブザイヤー2009」の大賞に選ばれました。
クソゲーオブザイヤーは、インターネット掲示板「2ちゃんねる」家庭用ゲーム板の「クソゲーオブザイヤー」スレッドで、糞ゲームを協議して決定する毎年恒例の行事です。
「戦極姫~戦乱に舞う乙女達~」は、2008年11月に発売されたPC用のアダルトゲーム「戦極姫 ~戦乱の世に焔立つ~」のリメイク版で、2009年11月にPS2用ソフトとして発売されていました。
「戦極姫~戦乱に舞う乙女達~」は、PS2版になったことでエロ要素がカットされたほか、ゲーム中のバグが多いことなどから、クソゲーオブザイヤーの大賞に選ばれました。
なお、次点はPS2用ソフト「戦国天下統一」とWill用ソフト「黄金の絆」「人生ゲーム(Wiiware版)」「Let's 全力ヒッチハイク!!!!!!!!!」の計4本でした。
2008年にはWill用ソフト「メジャーWii パーフェクトクローザー」が、2007年にはPS2用ソフト「四八」が、2006年にはPS2用ソフト「ファンタシースターユニバース」が、それぞれクソゲーオブザイヤーの大賞に選ばれていました。
なお、クソゲーオブザイヤー2009の大賞に選ばれた「戦極姫~戦乱に舞う乙女達~」の続編「戦極姫2」が2010年2月19日に発売される予定です。


PS2用ソフト「戦極姫~戦乱に舞う乙女達~」が、2009年のクソゲーオブザイヤーの大賞に選ばれました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。