生理用品のCMの都市伝説

生理用品のCMが、タレントを起用したイメージ的なCMになった理由についての都市伝説です。
以前は、生理用品のCMといえば、青い水を使って吸水性をアピールするCMが多く流れていました。しかし、現在は青い水を使わなくなり、タレントを起用したイメージ的なCMが多くなりました。これには理由があるのです。
群馬県に小学生低学年の少女がいました。少女は体の発育が良く、人より早く初めての生理(初潮)を迎えることになりました。
少女はまだ、学校で生理の知識を学んでいなかったのですが、CMなどで何となく生理という現象が起きることは知っていたのです。
初めての生理を経験した少女は、生理になったことを友達や親に相談できず、元気を無くしてふさぎ込むようになりました。
異変を感じた両親はイジメが原因ではないのかと学校に相談しました。担任教師も少女の元気がないことに気付き、教室内の様子を注意していたのですが、少女がイジメられている様子はありませんでした。
母親は少女に悩みがあるのか聞いても、少女は何も答えず、両親も困り果てていました。
少女が2度目の生理を迎えた日のことです。少女はとうとう、自宅マンションの屋上から飛び降りて自殺してしまったのです。
少女の部屋に残されたノートには「私の生理は青くなかった。みんなと違う」と書かれていたそうです。
少女は生理用品のCMを視て、生理の血は青いと思い込んでおり、自分の生理の血が赤いことに悩んで、自殺してしまったのです。
この事件をきっかけに、生理用品のCMは、青い水を使わなくなり、タレントを使ったイメージ的なCMになったそうです。


生理用品のCMについての都市伝説です。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。