日本人は死んでも腐らない

日本人の体質に関する都市伝説です。食生活により、体質が変化することは有名な話です。現在の若者は、食生活の影響で、死んでも腐らないことがあるそうです。
第二次世界大戦後、アメリカの食文化が日本に流入した影響で、日本人の体格が良くなってきました。これは、アメリカから輸入した牛肉が原因だと指摘されています。
アメリカでは牛を飼育する際に、「肥育ホルモン剤(成長促進剤)」使用しています。この肥育ホルモン剤は、出荷された肉に残留します。
アメリカ産の牛肉を食べるようになった日本人は、アメリカ産牛肉に残留している「肥育ホルモン剤(成長促進剤)」摂取するようになったため、昔よりも日本人の体格は良くなってきたのです。
そして近年の食生活の変化で、再び日本人の体質が変化しているのです。なんと現在の日本人は、死んでも腐らないことがあるそうです。
本来なら、死亡した人間は、放置しておくと腐ってしまいます。しかし、現在の若者は防腐剤や合成着色料などを使った食品を多く食べるようになったため、死んでも腐らない体質になってしまったそうです。


日本人は死んでも腐らないという都市伝説です。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。