ビスケットの天ぷら

「秘密のケンミンショー」によると、岩手県西和賀町に住む岩手県民は、ビスケットを天ぷらにして食べるそうです。
ビスケットにも色々とあるのですが、天ぷらに最も適しているのはイトウ製菓が製造している「かーさんケット」というビスケットだそうです。
西和賀町は岩手県民と秋田県の県境にあり、昔は交通の便が悪く、長期保存のできるビスケットは重宝されていた。ビスケットのボリュームを増やすために油で揚げたのがビスケットの天ぷらの始まりだそうです。
ビスケットの天ぷらのレシピは、通常の天ぷらの手順に、衣にスプーン半分程度の砂糖を加えるだけのようです。


岩手県西和賀町に住む岩手県民が食べるビスケットの天ぷらの起源やレシピについて。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。