元オグシオの小椋久美子が引退

バトミントンの元人気ペア「オグシオ」の小椋久美子(三洋電機・26歳)が引退を発表しました。1月12日午後に記者会見を行います。
小椋久美子は四天王寺高校3年生の時に九州国際大付高校の潮田玲子とペアを組みました。高校卒業後は2人揃って2002年に三洋電機に入社してペアを組み、ペア「オグシオ」として話題になっていました。
オグシオは、2007年の世界選手権ダブルス3位、北京オリンピックではダブルス5位に入賞していました。
しかし、ロンドンオリンピックへの出場を目指す潮田玲子に対して、小椋久美子がロンドンオリンピックを目指さない意志を示したことから、2008年11月の全日本総合バドミントン選手権大会で大会5連覇したのを最後に人気コンビ「オグシオ」は解散していました。
小椋久美子はその後、池田信太郎とペアを組み、混合ダブルスに転向していました。一方の小椋久美子は持病の腰痛などにより目立った活動はしていませんでした。


バトミントンの元オグシオの小椋久美子が現役を引退!

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。