西川ヘレンが85歳で死去

西川きよしの妻でタレントの西川ヘレン(63歳)の寿命は85歳であることが、1月8日放送の「寿命をのばすワザ百科SP」の調査で分かりました。
西川ヘレンは番組で行った精密検査により、頸動脈にプラークが見つかり、隠れ脳梗塞も見つかったのですが、長寿ホルモンと呼ばれる「アディポネクチン」が通常人よりも1.5倍多い長寿体質であるため、専門医が西川ヘレンは85歳で死去すると判断しました。
しかし、延命プランを実行することで、寿命は延びます。西川ヘレンの延命プランはあさりのスープです。スーパーあさりのスープの作り方は、水に対して5%以上の酢を加え、殻付きのアサリを煮るだけです。
血中のカルシウムが不足すると、骨からカルシウムが溶け出しします。溶け出したカルシウムが血管を詰まらせて、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすので、血液中のカルシウムが不足しないようにする必要があります。
酢を加えて煮ると、あさりの殻に含まれているカルシウムが溶け出し、酢を入れなかった場合の5倍のカルシウムが摂取できるようになるそうです。さらに、あさりの身に含まれるタウリンは血液をサラサラにする効果があるそうです。
西川ヘレンはこのスーパーあさりのスープを飲むことで、98歳まで生きることができるそうです。
なお、夫の西川きよしの寿命は68歳で、脳卒中や心筋梗塞で死亡するそうです(延命プランにより80歳まで生きられるそうです)。


西川ヘレンが85歳で死去することが明らかになりました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。