台湾ラーメンおか田・七宝店で男性客が死亡

愛知県七宝町沖之島にあるラーメン店「台湾ラーメンおか田・七宝店(七宝ラーメンおか田)」で、男性客が死亡する事故が起きました。奇しくもオープン当日でした。
2月24日午前11時過ぎ、台湾ラーメンおか田・七宝店の出入り口ドアに男性客がぶつかり、ドアガラスが割れました。ガラス片が男性客の太ももに刺さって流血。男性は病院へ運ばれましたが、まもなく出血性ショックにより死亡が確認されました。
七宝ラーメンおか田のドアは両開きの自動ドアでしたが、片方は開かないようにロックされていたとのことです。
台湾ラーメンおか田のホームページによると、ラーメンおか田は名古屋市内で会所店と杉栄店と七宝店との3店舗を展開。死亡事故のあった七宝ラーメンおか田はこの日(2月24日)がオープン初日で、24日・25日・26日の3日間は粗品を贈呈するうえ、全商品半額セールを行っていたとのことです。
なお、ラーメンおか田のホームページによると、死亡事故の起きた七宝店は、しばらくは定休日無しで営業するとのことです。


ラーメン店「台湾ラーメンおか田・七宝店(七宝ラーメンおか田)」で男性客が死亡しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。