安田文が反則で失格

女子リュージュの日本代表としてバンクーバー五輪へ参加している安田文(やすだ・あや=27歳)が重量超過違反により失格となりました。
安田文は2月15日に行われたバンクーバー五輪・女子リュージュ1人乗りの1回戦に出場しました。1回戦終了後に安田文が重量検査を受けたところ、重量オーバーが発覚したため、安田文は失格となりました。
出走前に行う計量では、安田文の体重を含めた総重量は規定内に収まっていました。
しかし、1回戦終了後に行った重量検査で用具などを個別に量ったところ、13.3kgで規定を200gオーバーしていることが発覚しました。
リュージュは総重量が多いほど有利になるため、体重の軽い選手は最大で10kgの重りを付ける事ができますが、ソリを除いた装備と重りの重量を13.1kg以内に納めなければなりません。
高松一彦などによると、安田文は試合当日、2月13日に行った公式計量よりも体重が軽くなっていたが、体重の変化に気付かず重りを加えてしまったとのことです。
失格になった安田文の1回戦の成績は、29人中の28位で、いずれにせよメダルの可能性はほとんどありませんでした。


女子リュージュ日本代表の安田文(やすだ・あや)が、重量超過違反により失格となりました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。