咲くやこの花高校の女子生徒が死亡

大阪府大阪市此花区にある咲くやこの花高校2年生の女子生徒(17歳)が、体育の補習授業中に倒れ、死亡しました。
3月5日午前9時30分、咲くやこの花高校の校舎玄関付近で倒れている女子生徒を、弁当業者が見つけました。
女子生徒は病院へ搬送されましたが、3月17日に死亡が確認されました。死因は不整脈とのことです。
女子生徒は持久走の記録が悪かったために補習の対象となり、当初は3月3日に他の生徒とともに体育の補習を受ける予定でしたが、体調不良により3月5日に1人で体育の補習を受けていました。
女子生徒は3月5日午前9時25分に咲くやこの花高校敷地内を2周(計1000メートル)する持久走をスタートし、2週目の途中で倒れました。
保健体育の女性教師が補習を担当していましたが、女性教師の場所からは死角になっていたため、直ぐには気付かなかったとのことです。女子生徒には持病などは無く、2月に行ったマラソンでは7キロを完走していました。


大阪府大阪市此花区にある咲くやこの花高校2年生の女子生徒が死亡しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。