川上憲伸の結婚相手の名前はミナ・パターソン

中日の投手・川上憲伸(かわかみ・けんしん=36歳)が2011年末に、一般人女性ミナ・パターソン(29歳)と結婚した。2012年2月7日に結婚していたことが判明した。

川上憲伸は大リーグ「ブレーブス」入団後、知人に招かれたパーディーでミナ・パターソンと知り合い、2011年末に入籍した。

結婚相手の名前はミナ・パターソン。ミナ・パターソンは、父親がアメリカ人で母親が日本人のハーフのスレンダー美人。元教師のミナ・パターソンは語学が堪能で、アメリカ時代の川上憲伸を支えていた。

川上憲伸は2008年にFA宣言をして、2009年に中日から大リーグ「ブレーブス」へ入団。しかし、右肩の違和感などから、3年間で8勝22敗と成績は低迷していた。

川上憲伸は、2012年1月31日に中日と契約し、4年ぶりの日本復帰を決めている。川上憲伸は最愛のミナ・パターソンと共に古すの中日で再スタートを切る。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。