名古屋高等検察庁の男性検事が盗撮

名古屋高等検察庁は3月15日、名古屋高等検察庁の男性検事(40代)が愛知県警から県迷惑防止条例違反(盗撮)の容疑で調べを受けていることを発表しました。
名古屋高等検察庁などによると、男性検事は3月8日朝、愛知県名古屋市千種区にあるバス停で、カメラ付き携帯電話を使用して、女性のスカート内部を盗撮しようとした疑いがもたれているとのことです。
付近に居た人が盗撮現場を目撃して、警察に通報。男性検事は愛知県警の調べに対して、容疑を認めているとのことです。


名古屋高等検察庁の男性検事を県迷惑防止条例違反(盗撮)の容疑で調べています。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。