西部の涌井秀章が女性問題で登録抹消

プロ野球「埼玉西武ライオンズ」は2012年5月22日、ベッド写真が週刊誌に流出した涌井秀章投手の出場登録を抹消したと発表した。

2012年5月18日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が『涌井秀章「ベッドで撮られた無防備な姿」』と題して、涌井秀章と夜を共にしたという美人ホステス(24歳)の告白を中心に、ベッドでツーショットになっている写真などを報じていた。

FRIDAYによると、西部の涌井秀章は1日に30通ものメールを送信したといい、その大半が下ネタで、美人ホステスは札幌旅行に呼ばれて、ベッドを共にしていたという。

埼玉西武ライオンズは、FRIDAYの報道を受けて、涌井秀章の出場登録を抹消。涌井秀章が1軍へ復帰する時期には未定で、涌井秀章の代わりにゴンザレスが1軍に昇格させる。

埼玉西武ライオンズは「ライオンズのエースとしてあるべき姿が涌井投手にあるだろうと、重く受け止めています。涌井投手にはいろんなことを改めて考えてほしい」とコメントしている。

涌井秀章は2011年7月にフリーアナウンサー・杉崎美香との交際が報じられていたが、同年8月に破局。本業の投手も不調で、2012年は開幕3連敗を喫し、2012年4月16日に2軍へ降格していた。

2012年5月4日に1軍へ復帰を果たし、2セーブしていたが、同年5月18日に写真週刊誌「FRIDAY」に女性関係を報じられ、再び2軍へ落ちることになった。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。