堀江貴文が強制執行を受ける

東京地裁は3月10日、元ライブドア(現・LHD)社長の堀江貴文(37歳)に対して強制執行を行い、個人資産を差し押さえました。
ライブドアの株価急落にともなう損害賠償事件の1審で勝訴した原告側のうち6人が3月3日に強制執行を申請して、東京地裁が3月10日に東京・六本木にある堀江貴文の自宅マンションに強制執行を行い、大型テレビなど5点(総額33万5000円相当)を差し押さえました。
強制執行を受けた堀江貴文は対外信用が悪化しました。
堀江貴文はブログで、「確実に債権を回収しようと思えばLDHに行くのが一番効率が良い。だって営業もしてるんだし800万円くらいは余裕で回収できるでしょう。敢えて私の所に来たのは一つは嫌がらせでしょう。」とコメントしています。
さらに、「鍵屋使って合鍵つくって勝手に忍び込むんです。コソ泥並ですね。昼飯食って家帰ったら知らない男達が数人。いやあビビリますよ。女の人一人暮らしとかだったら犯されるんじゃないかと思うかもしれませんね。」と批判しました。


東京地裁が堀江貴文の自宅マンションに強制執行を行い、大型テレビなど5点を差し押さえました

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。