忍足亜希子が三浦剛と結婚

聾唖者女優の忍足亜希子(おしだり・あきこ=39歳)が、俳優の三浦剛(みうらつよし=34歳)と結婚しました。
三浦剛は、プロ野球「横浜ベイスターズ」の投手・三浦大輔(36歳)の弟です。
2人は2009年11月11日婚姻届けを提出。2010年1月28日に結婚式を挙げるとのことです。妊娠の有無については不明です。
忍足亜希子は2002年夏に劇団「キャラメルボックス」の舞台にでゲスト出演したことで三浦剛と知り合い、交際に発展していましたが、その後に破局していました。
しかし、2008年4月に開かれた舞台の食事会で忍足亜希子が手話で挨拶をしたさい、三浦剛が手話の通訳を務めたことが切っ掛けで再び、交際を開始。三浦剛は1度目の交際時に忍足亜希子から手話を習っていました。
忍足亜希子は北海道千歳市出身。1999年の映画「アイ・ラヴ・ユー」で、日本初の聾唖者の主演女優としてデビューしました。
三浦剛な奈良県出身。演劇集団「キャラメルボックス」に所属して、テレビドラマや舞台で活躍しています。


聾唖者女優の忍足亜希子が三浦剛と結婚しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。