ツリーマンの病気の原因はヒトパピローマウイルス

TBS番組「キミハ・ブレイク」で、インドネシアのツリーマンのことを特集していました。

ツリーマンは、足にイボが出来たことを切っ掛けに、イボがどんどん広がり、イボの上にイボができていき、手足が木の枝のようになった人です。

ツリーマンは1度、イボの切除手術を受けるのですが、手術後に今まで以上のスピードでイボが成長して行きます。

それで、見せ物小屋のオーナーから見せ物小屋で働かないかと誘われて、見せ物小屋で働くことになります。

このショーがテレビ放送されていて、放送を見たアメリカの皮膚科の権威がツリーマンを診断することになりました。また、インドネシアの大統領が彼を救えと直々に命令を出すことになります。

それで、ツリーマンは手術を受けれることになり、イボを切り取っていたのですが、イボを切り取っただけで、根本的には何も解決していないようでした。

ツリーマンの原因は、ヒトパピローマウイルスで、人間なら誰にでも感染する病気だそうです。ただ、普通は抵抗力があるので、小さなイボが出来る程度なのですが、ツリーマンは抵抗力の異常が原因で、イボが増え続けているそうです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。