怪盗キッドの正体は黒羽快斗

名探偵コナンに登場する怪盗キッドの正体は、江古田高校2年生の黒羽快斗(くろば・かいと)です。
黒羽快斗の父でマジシャンの黒羽盗一(くろば・とういち)が初代・怪盗キッドで、黒羽快斗は2代目・怪盗キッドとなります。
黒羽快斗は自宅で偶然、父親の隠し部屋を見つけ、8年前に死亡した父・黒羽盗一が怪盗キッドだったことを知ります。
黒羽快斗は8年ぶりに現れた偽の怪盗キッドと対決し、偽の怪盗キッドの正体は、父・黒羽盗一の付き人をつとめていた寺井黄之助(じい・こうのすけ)であることを知ります。
寺井黄之助は、黒羽盗一を殺害した犯人をおびき出すために、怪盗キッドに扮して盗み働いていたのです。
そして、黒羽快斗は、寺井黄之助から、父・黒羽盗一が8年前のマジックショーで殺されたことを知ります。


怪盗キッドの正体は、江古田高校2年生の黒羽快斗です。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。