羽柴秀吉の羽柴観光小田川温泉が火事で全焼

「羽柴秀吉」の名義で各地の選挙に出馬する三上誠三(60歳)の妻が経営する宿泊温泉施設「羽柴観光小田川温泉」が、火事でほぼ全焼しました。
4月26日午後9時20分、青森県五所川原市金木町にある「小田川温泉ホテル」から出火しました。火は8時間30分後に消し止められましたが、小田川温泉ホテル2000平方メートルをほぼ全焼しました。
出火当時は営業しておらず、この火事によるけが人はでませんでした。
羽柴観光小田川温泉には「衆議院本会議室」や「対北朝鮮用のミサイル基地」を建設しており、テレビや新聞に取り上げられて話題となっていました。
羽柴観光小田川温泉は2000年3月にも火事で全焼しており、青森県警五所川原署は詳しい出火原因を調べています。


羽柴秀吉の宿泊温泉施設「羽柴観光小田川温泉」が火事で全焼しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。