内田恭子はポイポイ捨てる女だった

元女子アナウンサーで妊婦になった内田恭子(うちだきょうこ=33歳)が2009年12月24日放送の「ごきげんよう」に出演して、「物を捨てすぎて大変だ」というエピソードを紹介しました。
内田恭子は今年の夏、体のためにクーラーを付けずに過ごしていました。冬になって暖房を入れようとしたら、クーラーのリモコンが見つからず、部屋中を探したがリモコンは出てきませんでした。
内田恭子は大掃除するときに、ゴミ袋を片手に、ポイポイと要らないものを捨てるので、そのときに、リモコンを捨ててしまったようです。
クーラーの本体にスイッチは無く、クーラーも古いため、リモコンも販売していないだろうと思っていたのですが、管理人に聞いたら1つだけリモコンのストックが残っていたいたそうです。
内田恭子は部屋に何も無い状態が良いので、ポイポイと捨ていき、パスポートを捨ててしまったこともあるそうです。夫の木本公敏も綺麗好きで、要らない物は直ぐに捨てるそうです。


ポイ捨て女子アナ内田恭子のクーラーリモコン事件について。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。