JA八戸で不祥事が発覚しました

青森県八戸市にある八戸農協(JA八戸)で、男性職員(20代)が73万円を着服する不祥事がありました。
JA八戸などよによると、男性職員は新郷グリーンセンターでレジを担当していた2009年4月から2010年1月の間、架空の返品処理するなどする手口で、75回にわたり73万円を着服していたとのことです。
男性は既に全額を弁済しました。JA八戸は刑事告訴しませんが、男性職員を懲戒免職処分とする方針です。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。