いとうあさこの祖父母もお金持ちだった

実家がお金持ちで有名な女芸人いとうあさこ(伊藤麻子=39歳)が、5月8日放送の「快傑えみちゃんね」で、雙葉学園時代のエピソードや祖父母がお金持ちであることを明かしました。

いとうあさこは、小学校・中学校・高校は東京では有名なお嬢様学校「雙葉学園(ふたばがくえん)」に通っていた。

美智子妃殿下も雙葉小学校に通っており、卒業名簿の1ページ目は「美智子皇太子妃殿下」が載っており、赤坂御所の住所と電話番号が掲載されているそうです。

いとうあさこは「この電話番号にかけたらどこにつながるのだろう」と思ったのだが、さすがに迷惑になるので電話はかけなかったそうです。

また、雙葉小学校には王貞治の娘3人が通っていたので、王貞治が運動会のパパさんリレーで全力疾走していたそうです。王貞治は本気で走って他の父兄よりも早かったそうです。

父親が都銀の元頭取で、実家がお金持ちとして有名ないとうあさこは、母方の祖父母がもの凄い金持ちだそうです。

祖父母の自宅にはプールやビリヤード場があり、竹林やお手伝いさんの家もあるそうです。そして、門から家の玄関でもの凄い時間がかかるそうです。

お嬢様だったいとうあさこは、19歳の頃に尾崎豊の曲に感化され、親に「図書館へ行ってくる」と言ってタクシーで家出したのですが、現在は両親と仲直りして、仲はよいそうです。

関連記事