金子哲雄の本は買っていけない

著書を出版したタレントは出演番組で宣伝するのが常識だ。しかし、値切りの達人で流通評論家の金子哲雄(かねこ・てつお)が、自分の著書を宣伝している姿はあまり見かけたことがない。その理由は簡単である。

舌足らずではあるが、「プラズマテレビはワールドカップが終わった日の○時に購入すればお得です」などと細木数子以上の名調子でズバリと買い時を予測して人気になった金子哲雄。

その金子哲雄は、これまでに、『「激安」のからくり』『ボクの教科書はチラシだった』『超三流主義』などの著書を発表しているが、金子哲雄がテレビ番組で著書を宣伝している場面を見かけたことはない。

理由は簡単だ。店では夫婦喧嘩までして値切るという金子哲雄と言えども、番組で書著の宣伝をして、出演者から「先生、その本の買い時はいつですか」などと突っ込まれてしまえば、返すこと言葉は無いからである。

いくら神経の図太い金子哲雄でも、値切りのテクニックでブレイクしている以上、自分の著書だけ定価で購入してくださいとは言えないのだ。

もし、金子哲雄が本物の値切りの達人であるならば、著書を「私の本は買わずに図書館で借りてください」と宣伝するべきではなかろうか。

関連記事