勝間和代の交通事故は原因はデフレ不況

自転車愛好家とされている経済評論家の勝間和代(かつま・かずよ=41歳)が、自動車を運転中に交通事故に遭いました。

勝間和代は5月18日午後1時過ぎ、東京都港区新橋6丁目の交差点を自動車で右折したところ、対向車線を走っていたタクシーが左折して、勝間和代の運転する自動車の左後部に追突しました。

双方の車両ともバンパーを損傷しましたが、けが人は出ませんでした。

勝間和代は交通事故について、「事故の原因はデフレ不況によるもので、私自身もデフレ克服に頑張ります」などとコメントしています。

警視庁愛宕署は事故の原因をタクシー運転手の前方不注意とみて、調べを進めています。

関連記事